Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

星空の下で

 
遠ざかる 手を振る君がずっと遠ざかる
でもしょうがなく いくら手を伸ばしても届かなく
窓越しに映る姿が小さくなってくほど
決まっていつも気づかされる思い 届けるには遅いけど
トランクいっぱいに詰め込む夢希望 今じゃブレーキも
きかない 惜しまない 進む先は一方しかない
先に待ってるのは音もなく 狭く寂しい部屋
ちょっとだけ見慣れた鏡に映る自分 身にまとったスーツ
思い描いてた毎日 こんなはずじゃなかったのに
置き去りになった今日も 人ごみにもまれたった一人
君に会う勇気もなく いつか連絡さえ途絶え
一人もがけば ちょっとだけでも君のそばへ

星空見上げると 君を思い出す
やわらかい風が 頬をなでていった
いつの日か年とって 無邪気に笑えたら
僕の隣で同じ星空を見よう

迷いはなかった いつかのレストランで君とも語った
コーヒーも何杯飲んだろう 「ほら、夢は叶えるもんだろう?」って
あの時から君は もうすべて見えていたの?
必死に理想を説く僕が とても惨めに見えていたろう
「男のケジメだから」なんて かっこよく言って見せた
こうなる事を知っていれば そんな言葉は出てこなかった
今僕のまわりで吹き荒れる風が 容赦なく肌を刺す 何故だ
全てを捨ててまでって決めたのに もう君の胸めがけ
飛んで行きたい でも君は僕を拒むだろう
今会えたとしても僕は きっとまた弱音をもらすだろう
こんなじゃダメだって 何百回も心に問いかけて
この先の僕の姿と 君の影追いかけて

この空は君へと 続いているのかな
できるなら今すぐに 会いに行きたかった
明日が来る前に 君に届けたくて
輝く星に願い 一人誓った

二度と迷わないよ 硬く固めた握りこぶし
こぼれた星のかけたを 拾い集め
また元の場所へと並べよう

星空見上げると 君を思い出す
やわらかい風が 頬をなでていった
いつの日か年とって 無邪気に笑えたら
僕の隣で同じ星空を見よう

LULULU……
LULULU……