Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ありのままでそばにいて

 
時はただ僕のために
流れてくはずだった
自分以上に誰かを
思う日が来るなんて

新しい五線紙には
悲しい唄もあるだろう
だけど君がいるかぎり
声を枯らし唄うよ

君というその強さ
君というその儚さ
君というその優しさの中で
僕は気づいていく
ずっと探していく
明日のためにできること

追いかけてもがくうちに
夢は形を変えて
何処へ向かっていたのか
見えなくなる日がある

そんなとき僕はいつも
一本の木を見上げ
何があってもぶれない
帰り途を知るんだ

光が君を照らし
雨が君を濡らし
風が君を裸にしても
僕が季節になる
ずっと見つめている
ありのままの君のこと

傷つかずに歩きたくて
頑なに閉ざした日々もあった
君と勇気に満たされて
失くすものは
もう何も無いから

君というその笑顔
君というその涙
君というその奇跡に出逢い
僕は気づいていく
限りある命は愛するためと

光が君を照らし
雨が君を濡らし
風が君を裸にしても
僕が季節になる
ずっと愛していく
ありのままの君のこと
だから安心して
僕に身をゆだねて
ありのままでそばにいて