Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

僕の頁をめくれば

 
あの日 君は
木枯らしに ゆれて
指も髪も
ほほえみに 染まっていた

真夜中 ひとり
瞳とじて 思うたび
胸の奥が じらされるから
すぐに逢いに 行きたい

さよならさえ
感じさせないほど
君のことを抱きしめて
はなさない
僕の頁を
めくる先には
いつも君がいる

君の涙
僕にぬぐわせて
波の中に
ひとつぶが まぎれても

かまわない いつも
君の姿 さがしてる
どんなときも さがしだせるよ
もうこれ以上 泣かないで

さよならまで
つながってくような
頁は破り捨てるよ
めくらずに
そして跡には
未来という名の
言葉を残そう

ねえこんな大きな 世界で
そう偶然 君と出逢えて
毎日 君であふれて
もう他には見えなくなって
ずっとさがしてたもの
ねえとうとう君にたどりつけた
永遠を 誓いたい…

さよならへと
落ちて行きそうな
予感でさえ抱きしめて
歩いてく
たとえば明日が
見えなくなっても
君を守りたい