検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

 
始発のバスに乗り 街を眺めていた
肩を寄せて歩いた道 胸の奥に焼きつけてた
いつもの街路樹が 朝もやに揺れてる
心のスクリーンの中 あなたは微笑んでいるのに
ああ このまま 抱きしめあうだけじゃ 同じ痛みは癒せない
少し はしゃぎ過ぎたわ あなたの側で 終わらない時間を見てた
きっと 忘れないでね 覚えていてね
いつの日か二人の日々を 思い出に変えて

少年の瞳で 話してくれたよね
あなたの果てしない夢に 魅かれていた 私だった
さよならへと続く 風景は流れてく
まぶしかったその背中を 愛したこと悔やまないわ
ああ 都会の風に出逢うたび あなたの優しさ振り返る

季節が巡り 時が過ぎても 変わらない風景が見える
きっと 忘れないでね 覚えていてね
いつの日か二人の日々を 思い出に変えて