Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

君がいた

 
夕暮れの町で いつも一緒に泣いたり笑ったり
時を過ごした あの公園のベンチ
人目を盗み 少し急いで
あどけないけど優しいキスをしたね

別々の道を進み 想い出になった
はしゃいだ日々が ふと懐かしい
退屈な授業時間の途中で 目を閉じれば君の笑顔が恋しくて…

君がいた 見つめ合うこともできない二人
そっと手を繋ぎ合って笑った
同じ道、同じ季節 今は一人確かめるように歩いてる

繰り返される毎日の中 君への想いはもう
消えてなくなったと思っていたけど
教科書に残る 君の落書き
見つけても 消すのをためらう あたしがいる

君を見る度に 笑いかけようと
高鳴る胸を抑えて進むけれど いつも
すれ違う時 俯いちゃうから
振り返って 君の背中見つめていた…

君といた 光り輝いていた時間
ずっと二人の道重ね 歩いてた
わかれ道、歩み始めた 君がつくった風がクローバー揺らしてた

『別れは、すべて“0”になる』と恐れてたけど
それは間違いなんだと 気付かせてくれたのは、君

君とまた 笑い合い話せるまでには
少し 時間が掛かりそうだけれど
好きになったこと、サヨナラだって もう後悔したりはしないから

手を繋ぎ 歩いてた道に微かに香る
緑の上 寝転び空見あげ
眩しい太陽に手をかざし、そっと“君がいた”温もりを想い出す
揺れるクローバーのように笑っている