検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

絵葉書

 
冷蔵庫に貼り付けたままの見知らぬ国の風景は
探し続ける道の途中で切り取った君の便り

遠い空の下で君が見たものは僕の知らない世界だけど
いつでも冷蔵庫を開いたらそこにあるようで

君が何処か遠くで触れるものすべてが
僕に何か伝えようとして
こんな平凡な暮らしに光を分けてくれる
何か見つけるために遠い世界の果て
今この瞬間も生きている
そんな君を思う度にいつも励まされながら
僕は歩いてる

ありふれた日常繰り返しいつかくたびれた心
退屈はいつもそこら中で僕にまとわりついてる

たまに君を羨んで自分の暮らしが嫌になってしまうけれど
そういう当たり前の生活が僕を支えている

いつの日か僕たちがが同じ空の下で
同じ時を過ごせるのならば
きっとお互いの暮らしの中で道を探して
何か見つけるために君の進む道は
一枚の絵葉書の向こうで
今も遠い日差しの中どこまでも続いて
夢に近づくよ

君が何処か遠くで触れるものすべてが
僕に何か伝えようとして
こんな平凡な暮らしに光を分けてくれる
何か見つけるために君の進む道は
一枚の絵葉書の向こうで
今も遠い日差しの中どこまでも続いて
夢に近づくよ
いつかまた会う時まで
それぞれの道を
歩き続けよう