検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

君と歩いた季節

 
とぼけた声が やけに優しく 温もりはぐれた胸に響く
嫌いなほど 好きになった あの頃を微笑って
例えば連ねた言葉の数 余すほどに紡いだ思い出
振り返れば 落葉のように 秋風に消えた

何気ない顔して はにかんで笑ってくれたから
まっすぐな想いだけ 鮮やかに 胸の中に 残されていくよ

つないだ手を確かめる わずかに指がふるえる
終わりゆく この恋に 今とまどうのはなぜ
君のひとみ見つめても 声はむしろ届かない
今は ほほえみを 祈るだけ

想いはとうに消えたはずでも あいまいに心はうずいてる
忘れられる ほど強くは ないとわかって

明日を生きる意味を 追い始めた夢にたくすよ
閉ざされたまんまの 世界が 今大きく 動き出していくよ

つないだ手を引き寄せる わずかに頬がふるえる
終わりゆく この恋に はじめて背を向ける
君が選ぶこれからが 確かなものであるように
今は 輝きを 祈るだけ

ふたりだけの季節の ラストページをめくったら
別々の旅路を 今小さく そして強く 踏み出していくよ

静かにその手を離す わずかに声がふるえる
終わりゆく この恋に 迷う理由などもうない
さよなら いとしきひとよ こらえて空を見上げる
君の ほほえみを 祈るだけ