検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ANSWER

 
いつの日も僕を 突き動かすもの
足元を見れば 数え切れぬ”ANSWER”

ゴールなど決めず 走り出したから
時に行き止まり 戻れば迷い道
気付かぬうちに 通りすぎてた
小さなゴール一つ一つ それが”ANSWER”

朝まで声枯らして 唄った寒空も
雨にはじかれ唄いつづけた 夏の日も
駆け抜ける時の中 刻んだ答えを
心にまとい また走り出す…

桜 咲く頃に 進み出した僕を
絶えることの無い 風が吹き付ける
眠ってた僕を 眠らない夢が
導いた場所に 君が立っていた
弱い自分を 奮い立たせて
小さな山 登りきるたび 強くなるんだ

儚く消えかけた あの夢もう一度”人”は誰も
”夢”と隣り合わせ 生きていく
この世にただ人一つの 光が消えぬように
唄うよ その瞳の先には
夢見たものがあるなら‥

流れつづける町の雑踏 今日も 空に奏でる街の雑草も
いつの日かこの空に 飛び立つ歌 探してる
踏みつけられながらも 信じたもの全て それが”ANSWER”

朝まで声枯らして 唄った寒空も
雨にはじかれ歌い続けた 夏の日も
駆け抜ける時の中 刻んだ答えを
心にまとい また走り出す

変わり続ける為に 変わらずにいるよ
立ち止まるたび 口ずさむのさ
このメロディー…
夢見たものがあるから

いつの日も僕を 突き動かすもの
足元を見れば ただ一つの”ANSWER”