検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

涙もろいWoman

 
夕暮れがガラスを鏡にしてく
窓辺にたたずむ僕がいる
夏よりも 半年 年をとって
あなたのこと 思ってる
遠い岬 夕陽の海 野良犬にさえ
すぐ目のふちうるませてた

涙もろい夏のひと
壊れそうで強いひと
どんな痛みもひきうけたかった
年が違うと笑ってかわす
細い肩を 抱きしめた

好きだから好きだと 告げることさえ
身勝手なのかと ためらった
僕といて 笑って ほしいだけの
当たり前の 恋なのに
かなしい時 ひとは たぶん
泣くことで胸の振り子の位置 戻すのだろう

涙もろい夏のひと
泣いたあとで はしゃぐひと
僕を救いに してほしかったよ
つらく振られて あきらめたのは僕の弱さ
しあわせだと 信じてたい

涙もろい夏のひと
いきることにマジなひと
僕は 真冬の 都会にまぎれて
いつか必ず 誰かを守る
男になる そう誓う