検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

忠太郎月夜

 
辛い浮世の しがらみ格子
義理が情を 通せんぼ
姿やくざに 姿やくざに やつれていても
瞼はなれぬ 母の顔

「おかみさん- 二十年前番場の宿に置いていかれた、
あんたの伜、忠太郎でござんす。
よっく顔をみてやっておくんなさいまし。え、
それじゃ、覚えがねえとおっしゃるんでござんすかい、
覚えがねえと- - - - - -」

来るじゃなかった 水熊横丁
筑波おろしが 身にしみる
責めちゃなるまい 責めちゃなるまい
おふくろさんを
これが親子の さだめなら

「そうだ今更ら恨んでみたって、どうにもならねえ、
こうやって上と下の瞼を合せりゃ
逢わねえ昔のやさしいおっ母さんの面影が浮かんでくるんだ。
それでいい、逢いたくなったら、逢いたくなったら、
俺ァ瞼を つぶるんだ」

何処へ飛ぼうと 番場のからす
西も東も 風まかせ
浮世旅笠 浮世旅笠
幾山越えて
今日も瞼の 母と行く

「おっ母さん おっ母さん」