検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

静かな恋の物語

 
心の水面に言葉を浮かべて眺める
手に手を重ねたまま 沈黙で語り合う二人の空間
自然と頬を伝う切なさの真実 涙は光を追いかける音
存在は紡ぎあい 縦糸と横糸の物語

大切な人を大切にするということ
その人の空を青くしたいと思うこと
自分の気持ちをカムフラージュしながら
離れ離れの頃に送った手紙

「運命の恋は降ってきましたか?まだ雨に濡れていますか?
ただ雨に濡れていたいだけなんですか?」
言葉で隠すほど声は裸になる
あなたは 淋しくなんかないと言ったね

夕焼けのオレンジが僕の部屋のカーテンに染み込む
握り返してくれる手は遠い街の空の下にある
淋しさはこの胸の中にあって 切ない二酸化炭素をつくる
ため息という名で宙を舞い 時の流れの中で溶けてく

幸せな空想を抱いたまま眠る夜
あなたは誰を想い誰の夢を見るの?
会えない時間は僕らを何処に連れて行くんだろう
変わらないものがない この世界で

今日の「絶対」が明日の何になる
走り去ってく光を見届けるのは僕の方なんだろうな
それでもいいと思って好きになったから
あなたは 違う誰かの胸に眠ってもいいよ

尽きる事なく溢れる想いにも いつか終わりが来るんだろう
それならば この一瞬を永遠と呼ぼう
この時をたくさんの記憶で飾ろう 絶えず流れてく真実の中で
心の底にまで潜って来てくれる声がある
それはゆっくり近づいて僕の孤独を抱きしめる
あなたがそばにいてくれたらって
そばにいて わらってくれたらって…