検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

猛き風にのせて

 
ふたつに裂けた目印が
風の大地に倒れてる
星の声もない寒い景色から
君を思っている

君の便りを聞いたよ
悪い季節にあるという
唇は今も赤く情熱を
たたえているだろうか

猛き風にのせて
届けよう歌声を君に
あの日の輝き覚えているならば
闇の夜こそ光となれ
闇の夜こそ光となれ
はるか空を突き上げる光の渦となれ

猛き風にのせて
届けよう歌声を君に
あの日の輝き覚えているならば
闇の夜こそ光となれ
闇の夜こそ光となれ
はるか空を突き上げる光の渦となれ

百年ぶりの彗星が
東の空に輝いた
幾つもの河と山をとびこえて
君を思っている