Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

走馬灯

 
肩書きが名刺の真ん中に書かれていて
親がくれた名前はいつのまにか消えた
ママでもない 主任でもない
おまえでもない おばさんでもない
わたしはどこにいるんだろう

わたしじゃないなにかに成り代わっていれば
言われたことに傷つきにくいことを知ってから
頼ってた 頼りきってた
迷いはなくて 迷う暇もなくて
わたしから逃げてきたんだよ

朝起きて鏡の前で
おまえは誰だと呟く
卒業証書をもらったときは
たしかにたしかにわたしだった

あの頃に戻りたいのは
楽しかったからじゃなくて
疑うことなく何者でもない
わたしがいたから

どれぐらい稼いで なにを買ったのか
だれとのんで どれだけ寝てないかを
競っている 飲み屋の隅で
大切なもの 守るために
上手く笑えるようになるんだ

虚しさを 照らした街灯
全部捨てたいと 思う夜
捨てらんないよな 簡単じゃないよな
だから うまく ごまかしてる

つまづいて 立ち止まれば
脳裏に浮かぶ走馬灯
スカートの下に体操服はいて
坂をのぼる 赤い自転車

あの頃に戻りたいのは
楽しかったからじゃなくて
疑うことなく何者でもない
わたしがいたから