Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ハル、ヨル、メグル。

 
眠れない夜。
持て余した眠れなさに酔いしれて、
窓からそっと抜け出したら風の匂いも君の季節で。

誰にも伝えきれない青い記憶のトーチで照らした、
宇宙の隅っこを探ってる――
愛されるような理由を求めて。

泣きじゃくる君に困らされて、ときめいてどうかしちゃった!
いまはただ君を笑わせる言葉が欲しい。

重ねた手や撫でた髪、突然の優しいささやきでさえも、
幻だったと恐れては泣きたいくらいに想いが巡って、
花の降る坂道を駆け上がったって海とサーチライトが消えない!
街の灯が眩いこんな夜も毎度最初で最後とわかってる。