Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

君にして春を想う

 
終わりの季節に始まったありふれた恋の筋書きが、
冴えない夢とうつつの狭間で鳴っている。
冷えきったココアを飲み干して、
物憂いふりしてうそぶいた君の耳に触れる日を、
ただ想っている。

「ブルーを舞う連中の隊列を醒めた目で横切って、
危うさと美しさをきっと誰よりも知っていたいね」
淡い色の希み。

魔法とは呼べやしないような、子どもだましの日なたでもいいかな。
桜の手がかりさえも見せない風に揺らいで、君の名は綺麗だったな。

ふわりと浮かんで飛んでいった糸くずのような我愛イ尓。
言えないままの響きさえ甘く丸い。
気まぐれな言葉ににじんだ狂おしいゲームの予感を、
猫のようにとりとめもなく抱いていたい。

レコードに針を落として閉じた目に蘇る、光さえ遮るほどの光は、
君と同じ姿の幻。

降りしきれ、刹那の憧憬!
さざ波を打つ鮮明すぎるコード。
頼りないばかりの僕が優しくなれたらどうか、ここへ来て笑い飛ばせよ。

魔法とは呼べやしないような、子どもだましの日なたでもいいかな。
桜の手がかりさえも見せない君に揺らいで、世界はただ、

綺麗だったな。