Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

いまは僕の目を見て

 
言葉は穴のあいた 軽い砂袋さ
君まで届ける前に かなりこぼれてしまう

中身をこぼさぬように 隣に座ったら
いつもよりも多く 手渡せる気がした

フリーハンドで 飛行機雲が 秋空を割ってく
横を見れば 見上げた 君が感心して 「ほほう」 なんて言ってる

君を美しいと感じた そのときにそのまま伝えたら
なんて思われるだろう 臆病になってしまう
きっと君にあげたいものは 喩えられるようなものじゃない
胸の奥で渦巻いた ありったけの気持ちをすべて

雨けむる窓に書いた 水玉の手紙は
切実な4文字で 届ける前に消した

心と心つなぐ ケーブルがあるなら
この悩みはなくなって ただ、歓びも失せてく

焼却炉 昇る煙が 訳もなく寂しい (10月に)
「食べ物が美味しいじゃん」
ああ君がいれば 季節も超えられる

君を大切だと感じた そのときにそのまま伝えたら
何かが変わっていきそうで 不安に飲まれてしまう
「正しく」よりも「間違わずに」 伝えることに慎重になる
手応えばかり求めて 言葉を重ね続ける

足元に 砂だまり ほとんどをこぼしながらも
大切な 残りもの
どうかせめて 本当を感じて

これまで生きてきたこと 僕を形作ってきたことも
わからなくたっていいから いまは僕の目を見て

君を美しいと感じた そのときにそのまま伝えたら
なんて思われるだろう 臆病になってしまう
きっと君にあげたいものは 喩えられるようなものじゃない
胸の奥で渦巻いた ありったけの気持ちをすべて