Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

続、冷たい雨

 
何もない。
見えない。
今日も降りしきるのは、
笑えない心に彷徨う終わらない雨…。

雨を着た街角から傘の花が咲き出せば、
暗いアパートにあの日の僕を探していた。

雨を着た路地裏では傘の花が咲き違う。
目に映る風景にただ、立ち尽くし、
影もない懐かしさを抱きしめた。

空き地を背にして気怠い僕は見上げてみた。
「やけに雨音がうるさいね。」
篠突く雨が僕の代わりに泣いてくれる。
独りじゃ涙も流せなくなった。

移りゆく季節は街を変える。
好きだった雨の匂い。
仄めいた電線の道。
濡れ描く面影にさよなら。

当たり前な雨の日の、
ありふれた答だった。

冷たい雨のあとで…。

あの日の悲しみを僕にくれないか?
無くした思い出を僕にくれないか?
打ち拉がれていた日々に会えるなら、
僕が僕になれた意味をくれないか?

移りゆく季節は僕も変える。
嬉しいこと。
悲しいこと。
何気ない沢山のこと。

新しい明日にさようなら。

当たり前な雨の日の、
ありふれた答だった。

冷たい雨のあとで…。

何もない。
見えない。
今日も降りしきるだけ。