Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

廃景に鉄塔、「千鶴」は田園にて待つ。

 
どこかくすんだ九月の日
枯れだす大気は季節を掻き毟った
母胎の森はいつもより騒ぎ立てていた

教室の水槽が消え
幾千の魚が海岸に打ち上がった
不吉にも僕は自転車でカラスを轢いた

山小屋の羊たちの鳴き声は何処へ行ったろうか
ずっと長い未来から逃げ出すみたいに
「ウージの眼」と呼ばれる巨大な送電塔は
赤く赤く染め上がって見下ろしていた

閑静な廃景に鉄塔、田園に浸かって
簡単なカメラで僕を写した
唐突に視界に入った
黒い制服の彼女は口を開いた
「あなたは私の産まれ変わりなの」
そう言ってすぐに背を向けて去った
焼き付いて離れない表情から
もう逃げられない

夕暮れがアスファルトを焼く
単調に焚きだす祭囃子を抜け
綺麗な字が書かれた紙切れをまた見た

線路に導かれて
聞かない駅、二番ホーム
そこには予告通り彼女はいた
手には枯れた花束を持っていた

静寂な夜を歩いた 会話もなかった
塞がれた石のトンネルがあった
板張りの隙間から
奥の方に鳥居が僅かに見えた
「あなたの産まれる前の日のこと、
16年前の今日を教えてあげる」
花を供えた目は泣いていた
これはまだ始まりだった

守られない命も
隠したことも
ほんの些細な言葉も
誰かが背負っていた