検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

釘バットギャングの日常~下北編~

 
下北駅を降りてすぐ右へ行ったところに
なんか狭い階段があってその下でホラ

釘バットがひとつ、ぽつりと置き去りにしてあって
「こんちは」って声かけたら
「こんちは」って返ってきた

(あ、こいつ喋るタイプのバットだな…)
って思ったから とりあえず家に持ち帰るのさ

これでしばらくは時間もつぶせるだろと
簡単に考えてしまったこと自体が

運の尽きさ

退屈な日々の中で僕は何度もそう願っていたよ
案外平和な世界で少しの何かが起こることを
傍若無人な過去に捕らわれて動けない自分ですら
隠してしまえるようなこと どこかで期待したよ

それから何かが 動き出したのは明らかだった
部屋に何者か、侵入の痕跡が…

あれだけ口数多かった この釘バットだって
最近じゃもう めっきり喋らなくなってしまった

あ、こいつ 何か隠してるんだな…
って思ったから
とりあえずゴミとして捨てちゃおう

最低な日々の中で僕は 何度も話しかけたよ
いざ手放す瞬間になると なんだか思い切れなくて
気づきゃバットを握りしめたまま 僕は走り出していたよ
こうなりゃ何の組織だろうと なんでも逃げ切ってやる

彼女を追いつめたのは かつていじめっ子だったA子さん
見下した目でただ「バットを寄越しなさい」と言い放つ
折れそうになる心の中で 僕は何度も願っていたよ
いつかコイツを殴り倒せる日が訪れることを

ふざけた感じの声で もういいよ とバットが言う
そんな声も耳に届かず 僕はただ

息を整え 前を見据えてバットを握る
負けフラグを横目に 僕は叫ぶのさ

何度も願っているんだ