検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

俺たちの詩

 
夢を見た 鳥達と いつも高く 飛びたかった
その鳥は 飛べなくて そんな時‥笑ってた
若過ぎた あの頃は いつもそこで 傷つき
きれい事 並べても 世の中も 汚れてた

あやまちを 許すのは 過ぎて来た 時だけ
今はまだ ここにいて そこまでは 到らず
世の中が まともなら 俺達は いらない
俺達が まともなら 世の中が ゆがんでる

いつかは よみがえる 何もかも 過ぎゆく
わずかな 灯火も それがすべて 哀しみだとしても

夢を見た あの頃の 俺達が 笑ってた
「自由」とは‥考えず 不自由を 嫌ってた
どんな時 突っ張れて どんな時 おもねた
どんな時 許し合い どんな時 とがめた

原宿の 街並みや 世の中の 法律が
いつの間にか 変わるのは 誰かしらの 思い付きなら
それだけは 見極めて 自分らしく 振り返る
青春とは‥失うための 合鍵と 知りながら

青春の 難破船が 抗えぬ 波を知り
流れ着く 灯台の 灯りだと 知った時
誰と誰が 諦めて 誰がまだ 漂う
またいつか その日から 男なら 漕ぎ出す

哀しみ 育てるんだ くやしさに 苛まれ
頼らず‥こらえるんだ それが人の 哀れみだとしても
ただ‥君 らしくあれ どんな星に生まれたとしても
‥どんな日が 訪れるとしても