検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

浦島太郎

 
昔々(むかしむかし)浦島(うらしま)は、
助(たす)けた亀(かめ)に連(つ)れられて
竜宮城(りゅうぐうじょう)へ来て見れば、
絵にもかけない美しさ。

乙姫様(おとひめさま)の御馳走(ごちそう)に、
鯛(たい)や比目魚(ひらめ)の舞踊(まいおどり)、
ただ珍しく面白(おもしろ)く、
月日のたつのも夢の中(うち)。

遊(あそ)びにあきて気がついて、
お暇乞(いとまご)いもそこそこに
帰る途中の楽(たの)しみは、
土産(みやげ)に貰(もら)った玉手箱(たまてばこ)。

帰って見れば、こは如何(いか)に、
元(もと)居た家も村も無く、
路(みち)に行きおう人々は、
顔も知(し)らない者(もの)ばかり。

心細(こころぼそ)さに蓋(ふた)とれば、
あけて悔(くや)しき玉手箱、
中からぱっと白煙(しろけむり)、
たちまち太郎はお爺(じい)さん。