検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ばーちゃんの背中と僕の足

 
ばーちゃんの背中 温かいあの香り
階段を登る よいしょ よいしょ の声でウトウトしながら
この顔をギュッと うずめ 預けていた

あなたはいつも かわいいと頭撫で
周りのみんなに 誇らしげに揺れていた
僕が 笑えば笑った 泣けば困った 立てば叫んだ 呼べば止まった

あれま! えらいこっちゃ えらいこっちゃ よいよいよい
何てこった 私の名を呼んだ
おっと なんだ 言葉もちょっとずつ 覚えて喜んだ

あれから 何年 1つ1つマネして
出来る事増えて 思い出も増えていった
ただ それは 愛を持って 手と目 離さないでくれたおかげ

いつでも せっせっせーの せっせっせーの よいよいよい
って 忙しく生きてきた
そろそろ 大人になったから 僕がおんぶする

軽くなったばーちゃんが耳元で「すまないね」って泣きだした
歩き続けたら 涙 拭って微笑んでた

ばーちゃんの両手はカサカサで心地よい
昼寝してると そっとたたいていたね
僕が 起きりゃ笑った 歩きゃ誉めた 走りゃ焦った 寝れば歌った

今年も夏には神社の縁日 聞こえてるお囃子
懐かしいから行こうよと その手握った

やわらかかったばーちゃんの左手 昔より痩せていた
壊れないようにそっと包んだ 右手 重ねてきた

ばーちゃんから教わった事 沢山あるけど
ばーちゃんが忘れた事 少しずつ増えてきたね
「あなたはどちら様?」とか

忘れたんなら 今度は僕が何度でも伝えるよ
あなたへの想い音にのせて 空まで届けるよ

授かったこの命の意味も価値も全部探すよ
預かった 感謝 渡しながら 優しく生きれるよ