Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Daydreaming in Guam

 
喘息を堪えて
縁側の座椅子で朝まで話そう
線香漂うリビング
僕らを睨む君の親父の遺影
陽炎に僕らは溶けた

グアムじゃ毎日熱にうなされて
会話もせずに
あれはごめん

白い肌が勲章なのさ
二人の

今度は君が倒れた
隣の街の噂でさ
一番に駆けつけたのが自慢でさ
それから心だけは半年以上も動いた
見慣れた寝顔に髭が

白い肌が勲章なのさ
二人の
二人だけの

夏に燃えた君
なぜ親父の誕生日に
晴れやかな黒
賑やかな黒
浮かぶ
母の苦労よりも
グアムの水着の跡

だから僕は白昼夢の中に
意味なんて求めないからさ
また君に会えるまで
薪を焚べ続けなきゃ