検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

間遠い未来

 
さめざめ散り惜しむ
君を象る夜雨
明ければ跡形もなく露と消えていく

繋いでいたつもりの手は
冷たい空気の中
温もりを絡げる風が 私のものなら

いつか いつかの約束を
次の星が回るまで
君の記憶を抱いたまま
果たされないこの場所で ひとり留まる
遙かを重ねて

渇いた深層に
君の香り 密かに
いずれは混じり気に隠されていくけれど

願うのはいつだって同じ
叶うのなら どうか 出来るだけ高くへ
風が運んでくれたら

いつか いつかの約束が
今も私を呼ぶから
君の香りを忘れても
やがて巡りくる風に 思い起こす
噎せ返るほどに

広がり続ける傷に心を手放したくなる
風が吹くたび繋がる
追憶だけが寄す処(よすが)

いつか いつかの約束と
君の記憶に包まれて
ひとり眠ろう 遥かを重ねて

いつか いつか会えるのなら
次の約束が欲しい
ひとり遥かを重ねても きっと生きていけるから
君とふたり 間遠い未来へ