検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

おいで

 
むせる度に思いだす道は
そういえば必然な静けさに
でも何故かどこか

怠惰のときには境目はきえて
だから知らずにうたうの
きみの街のこと

なきながら折れてもいい
借りていた涙はリバーへ
目覚めはあおく濃い空気をかんでいる

おいで見ないで
まっすぐ手を伸ばせば
彼方からおとずれる
聴こえのない朝が

時計の中にはいつもかくれんぼ
だけど一体何を見るのかは
僕の知ることじゃない

おおベイベーきみが誰だとしても
おおベイベー消えかかる音のなかにいて

おいで見ないで
きこえる吐息は雨のよう
息づくる風はちがう星へさそうの

おいで
手放す瞬間まで見届けては
彼方からおとずれる
風景をずっとながめてるわ