検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

小夜啼鳥

 
静かに 煙る朝靄に 悲しい記憶 解き放つ刻
羽根の痛みは 仄かに消えゆく

まだ見ぬ愛に震え 啼いていた 孤独と云う闇の彼方で
膝を抱き 朝が来るのを待ちわびた

小夜啼鳥が風を羽根に受け 弧を描く 空で声響かせ
永遠なる愛を謳う わたしたちを 未来へ 導き寄せるようにはばたく

そう、いつも 空を見上げては 躊躇うだけで うずくまるだけ
羽根を広げる コトさえ出来ずに

悲しみに包まれて 啼いていた あの頃のわたしに 伝えたい
「大丈夫だから、心配しないで...」

小夜啼鳥が風を羽根に受け 弧を描く 空で声響かせ
まばゆい光が射す 愛に満ちた 未来へ 今、あなたと一緒にはばたく

もしも、あたたを今 失くしてしまったのなら
きっと、闇の底でわたしは 息絶えてしまうでしょう

小夜啼鳥が風を羽根に受け 弧を描く 空で声響かせ
永遠なる愛を謳う わたしたちを 未来へ 導き寄せるように

小夜啼鳥が愛を羽根に受け 舞い上がる 青く澄んだ空へ
きらめく光のなか 愛に満ちた 未来へ 今、あなたと一緒にはばたく