Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ノイズ

 
君の声がして 僕は耳を塞いだ
置き去りにしてきたメロディーにそっと蓋をするように
僕の唄は一瞬を 君の絵は永遠を
二人で作った料理は創造から破壊までのプロセスを謳った

幸せって美しいもの そこに誤解はなかったけれど
美しいものばかりで幸せは作れないこと 想像もできずに

僕は僕の最高級のラブソングを 君は君の最大限の風景画を
互いに見せつけ合って紛らわしてた その陰にある儚さを
離れてしまえばもう戻れない 二人の未来は所詮幻想だと
自分に嘘をついて飲み込んでも
僕はこの先平然と生きていけそうもない

甘いフレーズのあれこれを 無造作にプレゼントすれば
どんな時でも君は笑う 嗚呼 僕はまた見失った

「好き嫌いはないんだ」そんな会話に意味なんてない
時折訪れる 無音のノイズを掻き消すように

君が僕の心に入り込んで 裏表ない優しさに縋(すが)った時から
たとえ決まっていたことだとしても 僕は君に出会えてよかった

僕は僕の最高級のラブソングを 君は君の最大限の風景画を
互いに押し付け合ってはぐらかしてた その先にある別れ道を
君の姿をこの街が包み込むまで 僕の耳が君の声を離してしまうまで
鳴り続けていた小さなノイズを
僕はこの先忘れることはないんだろう