Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

hitofuyu

 
雪が降る夜の人混みを走り抜けた
賑やかな 今年の冬
白く染まってる 息のなか君が見えて
手を上げたら 笑ってくれた

友達の僕ら 今日は二人きり
子供のように 寒さ忘れた

君はこの街の中に舞い降りた天使みたい
どうか夢ならばさめないで
マフラーで口をかくして照れてる姿も
僕だけにみせていて ずっとそばにいて

明日を明後日を 見ようとはしない君と
裏腹に街が歌ってる

一冬の恋と わかっていてもね
粉雪みたく 消したくないから

“叶わない恋”このままサヨナラしたら二度と...
君にはもう逢えないけれど
もしも心もその手も温められるなら
冬の寒さにさえも 嫌われたっていい

想う心と
ためらいが行き交う
特別な日が終わろうとする

君はこの街の中に舞い降りた天使みたい
どうか夢ならばさめないで
痛む心もどこかむなしく過ぎ去って
春の便りが今は そっと空に舞う