Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

花と詩人

 
空白だらけの部屋を埋めるように 君は笑った
差し込む光も まるでドレスのように綺麗に纏って

僕は眺めているだけで 何も言えずにいた
それが積まれて 穴だらけになった日々を見ていた

言葉にするには まだ程遠くて
想いばかりを募らせていく
行き着く先はいつも同じ
愛してるなんて 歯痒い言葉だけ

飲み干してしまえど 胃の中で消える愛を笑った
そればかり求めて口にしていても 痩せこけていくだけ

時に胸が痛くて だけど触れていたくて
その度 離れてしまう未来に怯えて
いつもそばにいたくて 君のためになんて
言えないのに 探して

愛は水のよう 君は花のよう
いずれ枯れるとしても
時計の針を 戻しはしないよ
君のいない日々は もう僕じゃないから

言葉にするには まだ程遠くて
想いばかりを募らせていく
行き着く先はいつも同じ
愛してるなんて 歯痒い言葉だけ

一言では語りたくなくて
また足掻いては 積み上げていく
狂おしいほどいつも同じ
愛してるなんて 呆れる言葉だけ

空白だらけの僕を埋めるように 君は笑った
足りない言葉の その余白すらも埋めて笑った