Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

ターミナル

 
息遣いはもう雪の下
灰色だった

つまらない気持ちを振り避けて
掻き消していた

君のイメージはもう靄がかり
固定された

吐き出しかけの声がいつか
喉で詰まった

「約束だよ」「いつかそのうち」
なんてはぐらかしていた
頭の中で葬った君の音が
明け方眠れない僕を刺す

取りこぼしかけた稚拙な愛が
一つ一つ滲んでいって
世界の終わりがまた欲しくなる
きっと、きっと、きっと、
殺してくれよ

目次もあとがきもないのに
栞を取った

心臓みたいにうごめいた
拳を取った

あの時僕が浮足立ったのは 君のせいだった
同じだけで何の変哲も無い日暮れだった

嘲笑うみたいな斜陽が
落ちぬまま差し込み続け
憂った僕らの顔を照らした
もっと ちゃんと 焼き付けて

不完全な球になって進めなくなった
もっと言葉がほしい うつらなままいたい
消耗しか無い今日を許せなくても
どうか
逸らさないでいて

あとどれくらい
日々を潰そう

失望の振り
何もいらない

君の言葉に
僕は苛立つ

名前を呼ばないで
もう置いて行かないで