Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

目覚めの岸辺

 
すこしずつ集めた星の砂を
パラフィンの染みた紙に落としたら
お薬みたいに 綺麗に包んで
ガラスの小瓶で海へ送り出そう

きっとどこか遠くの国
きっと出会うこともない
静けさに満ちてる
私のいない場所へ

流れ着く目覚めの岸辺に
打ち寄せられた 傷まみれのボトル
呼吸さえ覚束ないまま
化石になって 砂の底

何十年何百年
識る術もない未来の
なんてことない土塊になれたらいい
細やかに そこにあるような
星切れのひとつぶみたいに

果てしなく乾いた岸辺は
目覚めの波を待ち望み続ける
微睡の熱を帯びた感情に
名前はまだつけられない

流れ着く目覚めの岸辺に
打ち上げられて消えてゆくため
また明日も星の砂集めて
ガラスの小瓶で空の海に送り出そう