Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

夜明けの光をあつめながら

 
突然の興味に降られて
慣れない道の果て見つけた空は
あくる年は同じようで
だけど何も等しくはない

傾ぐ星を指折り数えては
逸る時間を睨んだ

夜明けの光をあつめながら
高鳴る明日をさがして
白く染まった溜め息 そっと泳がせる
冷え切った鼻先あたためて
明日の方へ影は伸びてく
だけど動けない僕は
昨日の波につま先を浸してる

カレンダーめくるより早く
朝はやってくる 何食わぬ顔で
もういくつ眠れば なんて
まっすぐには思えなかった

ねえ あと何度
名前を呼び合えるんだろう
そんなことばかり

夜明けの光を見つめながら
ぼやけた明日を拭って
誰も聞こえない囁き そっと泳がせる
かじかんだ指先はそのまま
ポケットの中で 煮え切らず
まだ動かない僕の中の時計

波は優しく誘って
ここにいても 良いと言う
心も体もひどく潤む
水音が僕を待ってる

昨日の波音を聞きながら
高鳴る明日をさがして
波に埋もれたつま先 そっと泳がせる

夜明けの光をあつめながら
高鳴る明日を仰いで
今動き出す僕は
乾いた砂に足跡を残してく
やがて消えてしまっても

夜明けの光をあつめながら
高鳴る明日へ
昨日の波音を聞きながら