Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

君との足跡

 
誰も居ない部屋で
一人の時間を過ごしてみるけど
寂しくて君の手を
探すように伸ばしてみる

夜風にあたるついでにコンビニへ
歩いてく途中 何も無い交差点
急に走り出した君を追いかけた

いつも笑顔で微笑んでた君へ
今でも忘れられない
思い出の一瞬を見ては またこぼれ落ちる

君と見た春の桜 またひらり舞い落ちて
夏の夕暮れ いつも木陰の中で涼んでたね

誰よりもはしゃいでたのに
誰よりも静かに
さよならも言わずに
なぜ さよならもひとりで
写真の君は『もう泣かないで…』と
今も隣で微笑むようにして
僕を見ている

いつも僕の隣にいてくれたね
一番近くで見くれた日々が
ずっと当たり前に続くと思ってた

かけがえのない思い出を残して
記憶の中 拾えば
抑えきれなくなってく心の感情が滲む

秋の夜長 何も言わずにそっと寄り添って
冬は君との足跡 雪の上に残したよね

誰よりもはしゃいでたのに
誰よりも静かに
さよならも言わずに
なぜ さよならもひとりで
写真の君は『もう泣かないで…』と
今も隣で微笑むようにして
僕を見ている

戻れない日に思いを馳せて
何度も下ばかりを見ていたあの日
君の声 仕草が今もまだ
そっと目を閉じればいつも
僕の近くにずっと居るように感じれる

また君と逢えるのなら
あの時に言えなかった
「ありがとう」伝えたい
その時までは待っていて

誰よりもはしゃいでたのに
誰よりも静かに
さよならも言わずに
なぜ さよならもひとりで
写真の君は『もう泣かないで…』と
今も隣で微笑むようにして
僕を見ていて