Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

誰も知らない

 
最期は正義を騙って迎えようぜ
高名な画家のよう 後世で生きるような
何かを手にするには 誰かを押しやってしまえ
薄汚れた栄光が 我が物顔をして

それはメビウスのよう 昨日は裏だったコイン
廻り続ける日々をいつかは 許してしまうんだ

街の灯りがまるで 銀河のように揺れて
決して触れてはならない誘蛾灯のようだった
掬い上げてみようと、この手で隠したのなら
誰も知らない 僕の夜が零れ落ちた

すべてが徒労に終わる そんな日の宵にはさ
「はじめから何もなかった」
独り言ちて 虚しくなった

幸福を手にするたび ため息を燃やしてすゝめ
選ばれなかった悲しみが また僕を見つめていた

それはメビウスのよう 昨日は表だったのに
変わり続ける日々をいつから 認めてしまった

恋人らの週末が 僕の傍を通り抜ける
振り返れど追いつけない 幻のようなスピードで
後ろ指でさえ今は懐かしく思えるのさ
僕の知らない 僕のいたこの街で