Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Halation

 
曖昧を抱いて生きる僕らは、いつのまにかここにいてさ、
人一倍サイダーのガラス瓶を空け、胸のもやを晴らそうとしていた。

海鳥の声が重なって生まれた歌のようには、
いまの僕は笑えなくて、髪を撫でつけた。

光に融けてゆくイメージのなか、君を見てる――
なんにも変わんないのになにか違う笑顔の、かなわない君を。

夕立にでもなりやしないか、淡く期待してみたんだ。
言葉少ない僕らの沈黙を紛らせれば、それでよかったのにな。

臨海線のホームのベンチは錆びついて、
昔書いた君と僕の名前なんて消えちゃうだろうね。

そして天を仰いだ君に滲む、季節の終わり。
「いつかまた会えるさ」
お決まりでも信じきりたいと思った。