検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

暖かい都会から

 
蝶々結びで締めた思い出を
そっと遠くについて開いたら
果汁100パーセントの鮮度で蘇った 昔の私

夢が夢のままで終わらないように目覚まし時計をかけていた
何時何時明日が来たっていいようにポケットから手をだしていた
耳元で戯言を囁く小悪魔なんかは怖くは無かった 知らなかった

「相変わらず同族嫌悪と妄想してんの?」って見透かし帝王
「叶う叶う」と自称暖かい都会から見下す気分はどうだい

本音なんて置いておいて余計なお世話だって蹴って時間が経って這って
いつしか本当のところ本物の心なんてものは無くなっていた 浅はかだ
本命なんて放っておいでよって腑抜けた声で誘って間抜けに反省、懺悔
左右前後運動の多少面倒臭い過剰な愛としか思えない頭が仇になった
雑踏の中に埋もれたままシャットアウトしてやっと目を閉じた

夢が夢のままで終わらないように目覚まし時計をかけていた
何時何時明日が来たっていいようにポケットから手をだしていた
雲の上に雲があって奇しくも明日の天気は決まってるとは
知らなかったん 知らなかったんだ

周り周りの回り回るトレンドと空洞なコメントで汚れた
強洗剤では落ちない繊細な疑心暗鬼と偽善探知機

本音なんて置いておけ余計なお世話だって蹴って時間が経って這って
いつしか本当のところ本物の心なんてものは無くなっていた 浅はかだ
本命なんて放っておいでよって腑抜けた声で誘って間抜けに反省、懺悔
左右前後運動の多少面倒臭い過剰な愛としか思えない頭が仇になった
雑踏の中で揉まれたままシャットアウトしてそっと目を閉じた

ビルとビルを駆け抜けるありふれた新都心部で
蜘蛛の糸を待つ順番待ちの模範解答者