検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

君のいない世界には音も色もない

 
決して1つにはなれない すぐに気づいてしまうけど
僕はこんなに脆いから 君と寄り添うのだろう

重ねた分の熱で余計な寒さを知るけど
手を繋ごうか 今だけでも

僅か1秒でいい 僕より後にして
君のいない世界には 音も色もない
笑う人もいるかな ただ誰であろうとも
そう思えることがいつかあると
自分の知ること以外 僕は何も知らないけど
まだ信じていさせて

晴れていようが 雨だろうが
閉じたままのカーテンのように
何も見ないままで嘆いてた
僕が閉じていたもの

窓を開けば眩しすぎて 目を背けるけど
大丈夫だよと君は言った

一人で生まれてきて 一人で今日も眠る
そんなこと痛いほど 分かっているけれど
認めてくれたから 否定してくれたから
その言葉たちで作られてく
僕という心にもしも重さがあるのなら
二つ分と思いたい

僅か1秒でいい 僕より長く在れ
君のいない世界では 息もできないよ
こんな風に足掻ける時間もあとどれほど
大切なことは話しておこう

覚えてる 窓辺の席で隣にいた日から
君のことをずっと