検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

花想庭園 ~Cattleya ol thia~

 
目醒めは狂い出す花想(せかい)
ずっと 今は刻を止めた私の楽園で
求め続けていた場所で
“お帰りなさい”と囁く
(君の夢が囁く)

光満ちる 少女の呪文(こえ)
触れることの出来ない庭

Ir ecla rin o fida, Ir dix“Lip-Aura”.
愛を伝えるために
“Aura”os nen zel, ir solef sec aura.
花を捧げても

隙間を探り合い いずれは崩れる
砂で埋め合う 魂(こころ)の殻
(渇いた魂の殻)
満たせば繋がる幻想(まぼろし)
(満たせば繋がる現実)
信じていたのでしょうか?
“物語(うそ)”を…

誰も見えず存在した
蒼い花が枯れ始める

Ar o whites, Ar zai Quara rin thia
届かない言葉など
Ar zai o sair rin“thia”lef ir mya?
天(そら)を彩る
幼き現実(くうそう)は
星屑と同じ

瞳(め)を閉じたら 消えて無くなれ
(闇に消えて無くなれ)

二度とは帰らぬ人世に
(二度とは返らぬ一夜に)
穢れを知らない頃の理想(ゆめ)を重ね 僕は
鳴呼…雨降る優しい庭から
(鳴呼…雨降る冷たい庭から)
問いましょう 幾度も
瑕を遺して
想い続けた
畏れを刻む
(何処へも)
逃げられない茨の内側

“――誰が罪を犯したの?”

黒く
君の
微笑う花園