Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Sentimental Liars

 
雨に流れるヘッドライトが 五線を踊る音符のように
歌にもなれない僕らを置いて 振り向きもせず通り過ぎてく

震える心ごと
見透かしてほしくて
そっと顔を上げれば

吐き出したフェイクと 裏腹のリアルで
貼りつけた仮面が濡れているね
抱きしめてしまえば ごまかしてしまえば
あの頃の僕らは責めるかな
無意味な感傷と知りながら

優しいだけの過去だったのか 今では思い出せないけど
目を逸らすほど引きとめられる 心はずっと縛られたまま

かさねた嘘の数
わけあった罪の数
きっとどこか歪-いびつ-に

差し出した未来は 不意に時を止めて
息さえ奪うように今日を迫る
雨音に紛れて 泡沫-うたかた-に溺れて
つぶやいた何かが本音でも
やっぱり僕らには聞こえない

吐き出したフェイクと
裏腹のリアルで
貼りつけた仮面が濡れているね
抱きしめてしまえば ごまかしてしまえば
あの頃の僕らは責めるかな
無意味な感傷が離れない