Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

束縛

 
君は戦わなくていい ただ僕の背中に隠れていてくれ
君は何も見なくていい ただその目をきつく閉じていてくれ

すべての痛みは 僕が引き受けた
花の上に横たわる無防備な君を守る 守り続ける

君は僕だけのお姫様 孤独が嘘をつく森の中
僕の腕の中で眠り続けることだけが君の存在価値だと
思い知れよお姫様 従順なほどに美しい
僕らの物語には結末なんて必要無い

君は何も言わなくていい その美貌に言葉などは似合わない
君は何も知らなくていい ただ溢れんばかりの無垢でいてくれ

数えきれぬ銃弾も幾千の兵士も この愛の下にはかすり傷
どんな痛みも 君を守る為なら 優しく肌を掠める風に等しい
誰にも触れられぬ君に 僕だけが触れる
不確かなモノのすべてを確信してる

敵はもういない 血まみれの右手で 君の美しい髪を撫でる
白い肌 微かな寝息 僕は何も怖くないよ
君はこのまま眠り続ける 僕の所有物

長いまつげが揺れる 細い指が震える 今君が静かに目を覚ます

僕の手を払うお姫様 ドレスをなびかせ遠ざかる
まるで悪の手から逃げ出す悲劇のヒロインみたいにさ
戻って来てくれよお姫様 息絶えても気付かない程
きつく抱き締めたい 叶わぬなら息の根を止めたい

君は僕だけのお姫様 孤独が嘘をつく森の中
眠っていたのは君の方なのに 夢を見てたのは僕だった
もうここにいないお姫様 君を所有しない僕にはもう
存在価値が無い 守るべきものが無い
僕の物語に結末なんて必要無いのに