Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

賞状

 
勤続十年の賞状を
はげた頭の会長とやらから
頭上高く差上げられた時
俺のつらから涙があふれた
俺の背中で俺が笑う
ケラケラ俺が笑う
向学に燃えた少年の心を
引き裂くように裸行李一つ
母の顔をみずに雪の夜道を兄と歩いた

「男なら志をたてよ、十年辛抱しろ!」
十五も違う兄の言葉に
やっとの心で涙をおさえた
その日から俺のふるさとは俺の心に入った
金に困りたくない
そんなちっぽけな気持を
向学心に変えて持ち続けた
胸を突きさす陽の道を
肌をも凍てる夜寒むの道を
身を片寄らせ出前を運んだ
幾年も年は過ぎても
俺の心に正月のやってきたのは
幾度々々だったか
はげた頭の会長とやらの
「右の者は店員の模範として……」
大きな声が俺の背中に
つんつんしみる