検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

たましい

 
なんのため 生まれてきたかなんて
きっと最後までもう分からないかもしれないでしょう
もしも もしも 未来の君が泣くとしても
ぽつり ぽつり 振り返らず行くだろうな

歪だった 尖った石ころ転がり
雨に打たれ 小さく丸くなった

またねって 君を見てそう呟いて
明日への道しるべを辿って歩いた
見えなくても 聞こえなくても
それでも それでも感じられるような温もりを
きっと人はしあわせと呼ぶよ

なんでかな さよならの時はくる
あの日 息をしない小鳥を抱えて震えた
まるで まるで 最初からそうだったように
そっと そっと 柔らかい羽 風に揺れた

月明かりぽうっと浮かんで滲んでく
飛び飛びの記憶は空に漂う

またねって君もまた言った気がして
おぼろげな永遠でも信じていられた
遠くても 届かなくても
ここから ここから送り続けるよ
涙を隠した 君へ 君への便りを

このたましいに刻まれたのは
痛いほど沁み込むしあわせで
終わりを見たとき
自分に終わりがくると誰も思わなかった

またねって 君を見てそう呟いて
明日への道しるべを辿って歩いた
見えなくても 聞こえなくても
それでも それでも感じられるよ
君がくれた深い温もりを

またねって君もまた言った気がして
おぼろげな永遠でも信じていられた
遠くても 届かなくても
ここから ここから送り続けるよ
涙を隠した 君へ 君への便りを

大丈夫 さみしくなった時は
瞳を閉じればすぐ君に会いに行くから