Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Migimimi

 
君の声、思い出す…
「もう逢えない」って知っていたんだよ。
君の顔、湿ってた。
泣き顔見せないで。
「いつか『もし』またね」
消えて行く、早口で。

僕の声、覚えていて。
「もう会わない」って決めていたんだよ。
僕の耳、均衡ない。(右耳が、あまり良くない)
こっちから囁いて。
「わたし『もう』ねむるね」
二度と声は聴こえない。

最後。
六花、幾重にも高く積むように淡く綺麗だね。
夜の竈蔵(かまくら)、まだ溶けずに僕は。
ねえ。
六花、美しく凛としたその貌(かたち)も好きだよ!
夜の風花、景色をただ見ている。

寝返りを打つ、向きを変えても懐かしい声は聴こえない。

「大好きなんだよ」と口癖のように。

「大好きだったよ」『気づけなかったよ』

だいすきなんだよ。