Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

返して

 
明日僕らはきっとふたりだけ せめて泡になって消えるまで
小説の山にそっと火をつけ たき火をして遊ぼうよ
いっそ東の岬から 大人たちの冷めた目を盗んで
次の船で逃げてしまおうか

いま 見えたんだ 夜と朝のつなぎ目が
ただ ひたすらに それだけ探し続けたら
ほら 見えたんだ 開け放った窓の向こう
白々と 陽は登る

まだ 分かるかな きらめく波の隙間には
ふと 気づくんだ ふざけた顔のきみがいて
すぐ 消えるんだ 夢と現実の半ばで
ゆらゆらと 目が覚める

小さく生きるこの街には 武器やロジックはいらないのに

明日僕らはきっとふたりだけ せめて雨になって溶けるまで
モルタルの壁に沿って大きな S.O.S.を描(えが)こうよ
行儀よく足を揃えた 兵隊達の落とした帽子を
被ったまま どこで泳ごうか

いま 作るんだ 深く煮詰めた欲望と
すぐ 混ぜるんだ こねくり回す渇望(かつぼう)で
ほら 満たすんだ 開け放った窓の向こうに繋げて

暴かれたこころを 捕まえて さあ さあ さあ!

僕らはずっとひとりだけ せめて上のまぶたが落ちるまで
鼻の奥がツンとするような映画の話をしていたい
きみは呼吸を整えて 長い髪を思い切り切ったら
見たことのない顔をした

明日はきっとふたりだけ せめて泡になって消えるまで
小説の山にそっと火をつけ たき火をして遊ぼうよ
いっそ東の岬から 大人たちの冷めた目を盗んで
次の船で逃げてあの国まで行きたいな

「ゆるぎない いとしみを かわらない あの日々を
またとない あいまいな ことばを 返して」