Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

Echo

 
見渡せば街のため息が
砂を巻き上げる

ビル風と足をからませて
滑り落ちてく

サイダー飲み干したなら
歩いて行こう しゃららら
あわが踊るように
もっとおどけてみせたい

君がどんなに辛くても
ぜんぶ引き受けよう
ゴミ箱に捨てるように話して
どんなに強くても
たまに抱きとめよう
その熱に夜は白く光って
朝を照らすんだ

くだらないことは
くだらないままで揺られて
想像上の海で絡み合って
僕ら安らぐ

夢が尽きるまで
ずっと愚かでありたい

君がどんなに辛くても
ぜんぶ引き受けよう
ゴミ箱に捨てるように話して
どんなに強くても
たまに抱きとめよう
そのうちに雲はまばらになって
羽ばたいてくんだ

静かな叫びがふわっと宙に舞う
なんも変わんなくて炎を吐いた
弱いエネルギーを取りこむように
腕を広げた

だからどんなに辛くても
ぜんぶ引き受けよう
その熱に夜は白く光って
羽ばたいてゆく
君を照らすんだ