Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

きらきらひかる。

 
太陽が眩しくて目を細めた
本当は違うんだ君を見ていた
そう あの夏の匂いも重ねあった手も
いたずらな横顔 覚えているよ

心の声は 空を駆け巡るだけで
「好きだよ」言えず嘘ついた

あのとき君は笑ってた
淋しそうに笑っていた
僕は気付かないふりで遠くの空見てた
浮かんでくる場面には
淡い恋の音がしてた
あの日の君が きらきら光ってる

青い海 見せたくて歩いた道
気付いたら僕たちの影が伸びてた
そう 夕焼けに染まった あの防波堤で
キスしたら何かが変わったのかな?

あれからいくつ夏を数えたんだろう
すり抜けていく君がいた

あの日の僕が泣いていた
繋いでいる手を離した
君は悲しげに少し横目で俯いた
セピアに舞う想い出は
輝きだけ残していく
あの日の二人 きらきら光ってる

汐風の匂いは今もあの場所にあるけれど
もう二人の影 君の背中
過ぎた景色は どこにもない

あの海で君は笑ってた
淋しそうに笑っていた
僕は気付かないふりで遠くの空見てた
浮かんでくる場面には
淡い恋の音がしてた
あの日の君が きらきら光ってる