Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

スーパースター不要論

 
昨日の投稿 お気にの服 【いいね】が少なくてお蔵入り オンナノコ
自慢の角度 誰よりも知ってる トイレを背景にキメ顔の オトコノコ

いっぱい見られりゃ いっぱい満たされ
サルの時代から遺伝子に組み込まれている
『もっと過激に』『もっとリアルに』 あがりきったハードル
欲しがりは止まらない

(世界中にあふれている自分語り)
(フィルターかけた顔まるでモデルばり)
(今じゃ馬鹿になれない人たちこそが)本当のバカをみる?

見せちゃえば? エロさもグロさもそのまま
中途半端じゃ 共感は稼げない
裸になったって 驚かない時代に
キレイなだけの スーパースターは要らない

すっぴん晒して あげる好感度
整形・セクシャリティさえも 武器にして何が悪い?
秘するが花は もはや流行らない
誰かがうそぶく 『ジョーカーは最後まで切らない』

( 突拍子もない言動のそもそも)
(“はみだす”ってことの共感を強要)
(平凡を嫌う一番の平凡が)栄華な夢をみる?

脱いじゃいな 真心下心も全部
ありきたりじゃ 再生数稼げない
突き抜けたフリをしていてもみんな
手の届きそうな スーパースターになりたい

(#SELFIEに宿るは本物の願望)
(それは現実と乖離している肖像)
(『そんなんじゃバカじゃん』なんてこと果たして)
そういうお前に言い切れんの?

見せちゃいな ゲスさ全快のお前全部
中途半端な 感動に逃げない
正面切った かっこよさなんか流行らない
『ソレデモキミハスーパースター二ナリタイ?』

脱いじゃいな 清く正しいプライドなんて
キャプションなしじゃ 数字稼げな い
裸になったって 驚かない時代に
本物すぎる スーパースターは要らない