Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

戦友

 
ここは御(お)国を何百里
はなれて遠き満州の
赤い夕日にてらされて
友は野末の石の下

思えば悲し昨日(きのう)まで
真先にかけて突進し
敵をさんざん懲らしたる
勇士はここに眠れるか

あゝ戦いの最中に
隣に居ったこの友の
にわかにハタと倒れしを
我は思わず駈け寄って

軍律きびしい中なれど
これが見捨てて置かりょうか
「しっかりせよ」と抱き起し
仮繃帯も弾丸(たま)の中

折から起る突貫(とっかん)に
友はようよう顔あげて
「お国の為だ かまわずに
遅れてくれな」と目に涙

あとに心は残れども
残しちゃならぬこの身体
「それじゃ行くよ」と別れたが
永(なが)の別れとなったのか

戦いすんで日が暮れて
さがしにもどる心では
どうぞ生きて居てくれよ
物なと言えと願うたに

空しく冷えて魂は
故郷(くに)へ帰ったポケットに
時計ばかりがコチコチと
動いているも情なや