検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

処暑

 
もう嫌だなんて他人のせいにして
逃げ惑う僕は嘘に囲まれて
八月に書いた夢は雨曝しで溶けていく

顔で偽って笑って 心は泥まみれで
一人、抱え込んで何かに縋り付いた
感情が溢れ出して 現実が僕を取り巻いた

咲いた花は儚く消え去るもので
ほら、見失って 何故か寂しくなるのは
いつか見た夢を忘れられないから

愁い言ばかり 情けないばかり
喚く今、此処で膝を抱えた
雑踏に混ざり込んで 葛藤と座り込んだ

過ぎる日々感情、壊れゆくことを
知りながら此処で何もしない夏が終わる
八月に書いた夢は色褪せて僕が終わる

伸びる影に背を押され歩く日々
もう遠く消えてしまえ 愛でてこの手を引いてよ
まだ揺るがない その影法師さえ憎く見える
伸びた影さえも美しいから
何故か寂しくなるのは
いつか見た夢を忘れられないから