Uta-net

Movie&Songs

検索

メニューを開く

検索ワード

検索対象

  • アーティスト
  • 楽曲
  • 歌詞

検索条件

  • を含む
  • から始まる
  • と完全一致

CLOSE

MENU

動画再生

追憶の鏡

 
暮れてゆく陽の長さだけが 過ぎた時間を知る
温もりをなくした掌 もう何も知らなくていい
重く影を曳いた市電を追いかけて
誰かを探す
風を抱いた髪は この手をすりぬける
何も残らないの

追憶の袷鏡 同じ景色重なる
季節だけ春へと走る 私を追い越して

満たされた日の想い出さえ やがて薄れてゆく
なじめない一人の部屋には 無くしたものが溢れ出す
光あせた街に 見つけるものなくて
立ちつくしたまま
二人で来た店は いつのまにか消えて
見知らぬ人ばかり

流れ星見てたころは愛されてた あなたに
もう一度 夢でもいいの その声を聞かせて

追憶の袷鏡 同じ景色重なる
季節だけ春へと走る 私を追い越して